子どものためにできること。

~地球と子どもの未来についてカンガエル~

【手抜き育児】割れるお皿は使わない。

こんばんは♪

エコイスト手抜きストそらまめ子です^^

本日は、手抜き育児について♪

 

タイトル通りなのですが、

6歳と2歳の子どもがいる今、

割れるお皿は使いません。

 

子どもが割っちゃうからね。

 

f:id:mamanojitan:20181122031204j:plain

 

木のお皿、

IKEAのお皿、

お椀・・・。

探してみればあるもんです。

割れるお皿はみーんな子どもの手の届かない棚に閉まってあります。 

大人ももちろん割れないお皿。

 

少し前までは、

「でも、陶器のほうが美味しく感じるし!」

「きちんとしたお皿の感覚を感じてほしい!」

なんて思っていました。

 

でもね、

「〇〇!そっと持ってね!!!」

「あーーーーー!!!割れるからおっかんが運ぶよ!!!」

と毎回気を遣うのに疲れて。

 

子どもに悪気はないんだもの。

そりゃお手伝いしたいよ。

お手伝いっていいコトだよ。

お互いのんびり自由にやりたいよ。

 

以前、芸能人の方で『ご飯は使い捨ての皿で食べる』という方がいらっしゃいましたが、確かに合理的。

エコイストの私としては、まったくエコじゃないのでおススメしませんが。

 

というコトで、

我が家では割れないお皿に切り替えました。

今ではお片付けも安心してお願いできます。

流しにポイっとお皿を入れてくれるのですがまだ小さくて届かないため

「がっしゃーーーーん!」

と音がしていますが、もう安心。

割れるものはないので。

 

それでね、

たまのたまーーーに、

お祝いのケーキを食べる時とか、

そういう時に素敵な陶器のお皿で頂きます

高級感というか、特別感が演じられます。

 

下の子が小学生になったら

日々のお皿を上等なお皿に切り替えて

毎日の食卓をイロドリたいなぁ~

というのがわたしのささやかな夢♪

 

  

今日もお疲れさまでした♪

また明日(*´∀`*) (*´∀`*) (*´∀`*)