子どものためにできること。

~地球と子どもの未来についてカンガエル~

『自分が嫌い』なんてありえないことに気がついた。

f:id:mamanojitan:20180607013613j:plain

情けないおはなしですが、

私は自分がキライ。

自分でいるのが嫌になる。

見た目は普通。

気に利いたコトが言えない自分にうんざり。

立派な母親で居れないことにがっかり。

いまだに母親に怨念を持っていることに悲しくなり。

 

そんなわけで、

「え?自分?キライ。きらーい。」

と言ってしまえるくらい嫌い。

 

ただ、よく言われるように「自分が嫌いなのに他人を大切にできない」

というのは正しいように感じます。

自分が大切にできないので、子どもへの愛情も深くないような気もします。

 

そんな私ですが、ふとしたことに気がつきました。

革命的な気づきです。

『今』を生きるって間隔をここ半年くらい意識していたんです。

ずーっと未来ばかり見ていたので、『今』を生きるって本当にわからなかった。

刹那に通り過ぎる『今』を楽しむということが全然わからなかった。

 

だけど、先日びびびっ!!!ときたわけ。

(あ、今、子どもたちと笑いあってるな、幸せだな)

って。

 

確かに仕事はしんどい。疲れた。大っ嫌い。

その数分後には子どもに激怒。。。ダメ母。

 

だけど、「びびびっ!!!」ときたその瞬間は、幸せで。

その幸せには過去も未来もない。

ということは、『今』だけを生き続ければ

「自分を嫌い」と思うこともありえないんだなーって。

 

うまく伝えられないけど、私みたいに「自分が嫌いでしんどい!」

って人の気持ちが軽くなったらいいなーと思って書いてみました。