子どものためにできること。

~地球と子どもの未来についてカンガエル~

【最終話】けもなれ感想。野木さんはみんなにやさしい人。※ネタばれあり※

f:id:mamanojitan:20180730205312j:plain

こんばんは♪

エコイスト手抜きストそらまめ子です^^

本日は、手抜き育児について♪

 

今さら書くのもなんだな~

と思いながらも、

あんなにもテンション高めに「けもなれ」9話の記事を書いたので、

mamanojitan.hateblo.jp

 

なにも書かないのもなんだなぁ~・・・

と思ったし、

監督の気持ちがなんとなく伝わったので感想を書きたいと思います♪

 

案の定、あきら(新垣結衣)とこうせいさん(松田龍平)はくっついたのですが、

(京介(田中圭)好きのわたしとしては成就しなかったので、その後ユーチューブで「田中圭」動画を片っ端から観たことはひっそりと記載しておきます。笑)

 

さて、

わたしの本題である現代社会の闇に対する脚本家:野木亜紀子さん』の意向ですが、

 

みんな、みんな、みーーーーーんな、大変だけどさっ!

でもさっ!未来は明るいよ!自由に生きていいんだよ!

気楽に進もうぜっ!

ってことなんじゃないかなぁ。

と察しました。

 

やさしい人なんじゃないかなぁ~。

ただ、

今回は「みんな、みんな、みーーーーーんな」の幅が広すぎて、ドラマの尺上省略してしまうことで、内容がぼやけてしまったところが批判のターゲットとされてしまったんじゃないかなぁ。

 

結論からいうと、

わたしはこういう「社会応援ドラマ」が好きです^^

でもね、やっぱり共働きだし、社会ドラマ好きだけど日々しんどいので社会ドラマは観るのに力がいるんだよなー。

だから、

ガッキー好きでラブコメが観たかった人からすると少し残念なドラマだったかもしれない。そういう、社会ドラマに興味のない人たちにこそ野木さんは観て欲しかったのかもしれないけど。

 

みんなが疲れきっているようにも見える日本社会、

自分も早く元気になって

なんとか盛り上げていきたい!

 

それでは、

今日もおつかれさまでした。

また明日~ (*´∀`*) (*´∀`*) (*´∀`*)