子どものためにできること。

~地球と子どもの未来についてカンガエル~

アレルギー入院(経口負荷試験)行ってきました!

f:id:mamanojitan:20180802233458j:plain

こんばんは♪

エコイスト手抜きストそらまめ子です^^

本日は、子どもの乳アレルギーについて♪

 

 先日、こんな記事を書きました。 

mamanojitan.hateblo.jp

 

で、

先日、

アレルギー入院(経口負荷試験)してきました!!!

 

流れとしては、

診察

日帰り入院

経口負荷試験1回目

休憩

経口負荷試験2回目

昼ごはん

休憩

おやつ

退院

という感じです。

 

診察はとくに問題なく、その後病棟へ。

今回は、もう一人1歳の男の子が一緒に病室に。

卵アレルギーで、STEP2を挑戦されるそうです。

 

娘は乳アレルギーなのですが、

今回の病院では経口負荷試験はSTEP0~STEP3までありました。

 

STEP0:0.3㎖・0.7㎖(合計1㎖)

STEP1:3㎖・7㎖(合計10㎖)

STEP2:20㎖・30㎖(合計50㎖)

STEP3:70㎖・130㎖(合計200㎖)

 

娘の場合は、STEP0だったので、1回目の負荷試験で0.3㎖を摂取。

経過を見て、反応がなければ0.7㎖を摂取。

負荷試験後に反応した場合は、その時点で負荷試験終了。

また時期をあけて、再度チャレンジ、という感じだそうです。

聞きながら、モンスターを倒していくゲームみたいだな~と思いました。笑

 

最近の娘は、

食パン1枚ではほぼ反応しなくなったのですが、

種類によってはハムやふりかけでも反応するので

0.7㎖で反応するんじゃないかなぁ~・・・

と思っていたのですが、

結果から言うと反応せず。

むしろ、その後のごはんでなすの味噌炒めで肌荒れして

口の周りが赤くなっていました。汗

 

娘は無事STEP0の試験を突破したので、

少し時期をおいて診察に行き、その後の方針を決めることになりました。

 

それまでの間、1日1㎖の乳成分の摂取を推奨されました。

「牛乳加工品の成分早見表」もいただきました。

各メーカーの商品の牛乳たんぱく量が載っていて、

あなたの場合このくらい摂取してくださいね~という感じ。

お菓子などもリストにありましたが、一度あげたら際限なく欲しがる娘のことを考えるとその後がコワいので、パンをあげることにしました。

 

★今後経口負荷試験を受ける方へのアドバイス

とにかくヒマです!!!

摂取する前後は病室に軟禁されました。

狭い病室で軟禁されても対応できるようにオモチャなど子どもが楽しく時間を過ごせるようにしたほうがいいかなぁ~と思いました。

なにもないので、娘と濃厚な時間が過ごせた点では楽しかったです。

 

負荷試験は「反応しないコトを確認する試験」なので、

先生も「ベテラン」というより新人の方でしたし、

負荷試験でひどい反応がでる、ということは稀なようなのでその点は

安心しても良いと思います。ただ、おかあさんから見て「明らかにその量は摂取できない!」と思われるような事実(過去にどのくらい食べてどのような反応がでた)はきちんとお伝えしておいたほうが良いと思います。

 

合計1㎖はクリアしましたが、解除までには合計200㎖が必要、道のりは長いですが気長に見守っていきたいと思います

 

それでは、

幸せな一日を~ (*´∀`*) (*´∀`*) (*´∀`*)