子どものためにできること。

~地球と子どもの未来についてカンガエル~

【手抜き育児】自分の「したいコト」をしないコトにした。

f:id:mamanojitan:20180730210423j:plain

こんばんは。

エコイスト手抜きストそらまめ子です^^

本日は、手抜き育児について♪

 

わたしには6歳と2歳の子どもがいるのですが、

 

上の子は本当にお利口さんでした。

(今も^^)

 

わたしも専業主婦だったし、

一人目だったし、

時間に余裕があったのもあり、

とっても規則正しく育てていました。

お昼寝は毎日3時間してくれたので、

3時間の間にしたいコトを色々。。。

夜も20時から朝6時まで寝てくれたので

したいコトを色々。。。

 

その上、

ダンナ様も時間に融通が利き、

妻への理解のある人だったので、

週末にセミナーに行かせてもらったり、

したいコトを存分にさせてもらっていました。

 

その流れでの二人目。

初めての共働きになり、

ダンナ様も仕事が変わり週末は疲れ果て、

上の子居ての二人目、

わーわー言う上の子とコトバの通じない下の子。

カオスですね。

 

「わたしは洗濯モノをきちんと畳みたいだけなのに!!!!!!!」

とはたから聞いたら大したことないと思いますが、

わたしにとってはとってもツライ日々が続きました。

 

したいコトができない。

 

どれだけしんどいことでしょう。

今までしたい時に勉強をし、

したい時にサークルに行き、

働きたいだけ働き、

食べたいモノを食べ、

飲みたいときに飲みに行く。

「いつか」なんて言ってるとその日は来ない。できるコトはできる日にやる。

そんな生活をしてきたわたしにとって「自分が折れる」「妥協する」なんてことはとっても苦痛でした。

 

苦痛で、

苦痛で、

イライラして、

子どもにも当たってしまって。

 

 

 

あーーーー!!!もういいわっ!ここに座ってればいいんでしょう!

 

ある日、保育園の後に娘たちがシルバニアで遊ぴはじめ

「みてーみてー!」の連呼。

仕方がないので、隣に座ってじっとしていました。

家事は山ほど残っているというのに。

明日の保育園の支度はまったくできていないというのに。

 

 

 

でもね、

 

 

そうしたら、

 

あれ、

これでいいんじゃない?

 

と。笑

気持ちがラクになりました。

家事をやらなくたって誰も文句言わない。

わたしが「やりたい」と思わなければなんの問題もない。

洗濯モノが畳まれてなくたって人目さえ気にしなければ困ることはない。

 

そうか、これでいいんだ。

 

 

そう思ってから、

自分を優先するコトをやめました。

自分の「したいコト」をしないコトにしました。

 

子育てしてるとガマンばかり!!!ママも生き生きしなくっちゃ!

って言うけれど、何年の話だ?

子どもって本当にあっという間に大きくなってしまう。

6歳の娘はもう大人の会話が理解できる。

 

子どもを一人育てさせてもらってるんだから、多少他のことができなくたっていいんじゃない?

多少妥協してもいいんじゃん?

多少諦めてもいいんじゃん?

 

そう思ったら妙にしっくりきました。

いつか「ハワイ」に行けたらいいなぁ~

いつか「あのセミナー」に参加できたらいいなぁ~

いつか「ウクレレ」習えたらいいなぁ~

と思ったら肩の力が抜けました。

今は、そう思ってます。

 

もちろん、

ママが笑顔でいるコトが子どもにとっては一番の栄養だと今も思っています。

色々とこなすママは本当にすごいと思う。

ただ、わたしにはムリだったんだなぁ~

キャパオーバーヽ(*゜∀゜*)ノ

 

 

もちろん未だに心が曇ってしまうことも、

一人時間が必要な時もあります。

でも、自分のしたいコトを優先しないコトで怒ることが減りました。

したいコトが「できたらラッキー!」と幸せが少し増えました。

したいコトをしない。これって究極の手抜きだと思う。笑

 

そんなコト知ってるよ~。

という方もいらっしゃるかもしれません。

でも、

わたしは気づくまで知らなかったから。

同じような人が少しでも心救われたら

わたしはとっても嬉しい^^