子どものためにできること。

~地球と子どもの未来についてカンガエル~

ワーママに階級をつけてみた。

f:id:mamanojitan:20180624221320j:plain


こんばんは。

エコイスト手抜きストそらまめ子です^^

本日は、ワーママ階級について♪

 

2度目の職場復帰してから早1年以上経ちますが、段々と世界を冷静に見ることができてきました。→若干大げさ。笑

 

そうすると、『ワーママ』とひとくくりにしてきましたが、ワーママカーストなるものが存在することに気がつきました。まさに閃き。笑

まめ子の戯言と流してお楽しみください♪

 

ワーママ VIP

種類:親と同居している、もしくはスープの冷めない距離に住んでいる。

メリット:手がお釈迦様のように6本くらいある。こどもがカゼを引いても心配することない。休みに遊び過ぎてもなんとかなる。精神的にラク。子育てを共有できる相手がいる。

デメリット:親の口出しがうるさい。孫を特別扱いしてもらえない。

 

この階級はワーママの中で最上級。「子育て」という観点から見ると一番恵まれている。他のワーママとは「大変」の次元に雲泥の差があることを自覚すべきである。

ワーママ セミ

種類:困ったときに助けてくれる人がいる。夫が自営業、仲の良いママ友、富豪で家政婦が雇える人なども含む。

メリット:バランスが良い。融通が利く。

デメリット:特に見当たらない。

 

この階級が一番良いかもしれない。精神的にも余裕がある。こどもに対しては自分の想いをまっとうできる。必要な時には助けてもらえ、適度な距離感を持って周りと付き合える。

 

ワーママ ロンリー

種類:ワンオペ。助けてくれる人がいない。親しいママ友もいない。

メリット:「こどもは私の手で育てた!!!」と胸を張れる。たまに会うおばあちゃんがこどもに優しい。

デメリット:めちゃくちゃしんどい。

 

「枯渇」とういコトバがしっくりくる。毎晩ネットサーフィンしまくり。模索。迷走。

 

 

 

わたしは一人目→二人目でワーママセミからワーママロンリーに降格(苦笑)した身なのですが、正直・・・

 

 

次元が違う。

 

 

ワーママロンリーのしんどさと言ったら!

ワーママセミの時に「大変!」と言っていたのが微笑ましいくらい。

 

「洗濯モノが朝干せない!」

とか言っていたコロが懐かしいです。

今では

「洗濯モノ?臭くなかったらいいんじゃん?」

になっています。

 

「掃除機を毎日かけれない!」

なんて言っていたコロが懐かしい。

今では

「髪の毛くらいなんともない!」

と言っています。

 

わかるかなー、

わかんないだろなー。

わたしのわからなかったしなー。

人間って自分がその立場にならないとわからないからなー。

 

ひとまず、

わたしが言いたいのは・・・

自分がワーママロンリーだと思ったら

 

他の人とは比較しないこと!!!

なぜ自分だけできないんだろう、なんて考えないこと!!!

 

 

それは、階級が違うだけだから仕方がないもんだ!

と割り切って欲しい。

そうしたら、わたしが乗り越えてきた数々の苦悩を通らなくて済むと思います。