子どものためにできること。

~地球と子どもの未来についてカンガエル~

かみなりが怖いと子どもが言うので。。。

おはようございます♪

エコイスト手抜きストそらまめ子です^^

本日は、子どものコト。

  

我が家の6歳の娘はなにかと不安が強いご様子。

少し控えめでとってもとってもいい子。

そんな彼女には最近コワいモノが。。。

 

 

それが、

 

かみなり。

 

 

雲がピカピカー!!!

って光るのがなんとなくコワい。

カミナリサマがおへそを取りに来るのがコワい。

 

そんなワケで、

  

 なにか母ちゃんにできないか・・・と

図書館のホームページで『かみなり』と検索!

さっそくめぼしい本を二冊借りてみました~

f:id:mamanojitan:20180830125806j:plain

・科学の実験 あそび・工作・手品 小学館の図鑑NEO 17 ガリレオ工房/指導・監修 小学館

・かみなりなんてこわくない ジェイミー・A.スウェンソン/ぶん 岩崎書店

 

絵本も可愛かったのですが、

娘が食いついたのは図鑑。

『かみなりを作ろう』というページ。

塩化ビニールシートと紙とアルミホイルで雷ができるとか。

 

「かみなりってこんな感じなんだー。雲がぜーんぶ光ってるんだと思ってたー」

とじっくり読み込んでいました。

 

そして、

「かみなり作りたい!!!」

と。

 

塩化ビニールシートってなに?笑

どこで買えるの?

母ちゃんに新たな宿題ができたワケですが、

仕組みがわかり、娘の雷嫌いはちょっと良くなったようです。