子どものためにできること。

~地球と子どもの未来についてカンガエル~

エコ活動はボランティアなんかじゃない。自分のミライのため。

f:id:mamanojitan:20180702222828j:plain

エコ活宣言を(勝手に)しながら、

日々ブログ発信をしているのですが、

私の中で

エコ活動は決して慈善事業じゃないです。

ボランティアでもない。

 

もともとの発端は

mamanojitan.hateblo.jp

 

ですが、

正直もっと身近な切羽詰まった思いがあります。

 

私は頭痛持ちなので、

資源が枯渇して日本に資源が送られなくなって頭痛薬がなくなったらどうしよう。。。

 

エアコンがなくなったら本気で死ぬかもしれない。。。

 

メガネが作れなくなったら、半分くらいスペックが落ちる。。。

 

 

なんていう考えもあります。

今後のエネルギー枯渇問題を考えるとあり得ないことではないと思ってます。

でも、そうやって「自分事」化することがエコ活動に力を入れるための一歩なんじゃないかなーなんて。

 

「温暖化?ほんとにそうなの?」

という方はいるけども、『人間が温暖化に加担している』という意見が科学者の中では圧倒的多数だけども反対を唱えている人がいることも事実。私は科学者ではないので正直難しいコトはわからない。

 

だけど、

だけど、

人間が自分勝手に生きることで絶滅した動物。

本当にそんなに人間は偉いんだろうか?

人間の都合で後先考えずに森林伐採

そんな権利が人間にあるんだろうか?

 

この答えに関しては、

私は断固としてNOと言いたい。

 

自分のために、

子どものために、

生き物のために、

地球のために、

そんな想いでエコ活を続けたいと思っているのです。