子どものためにできること。

~地球と子どもの未来についてカンガエル~

一輪車が乗れるようになった娘のためにしたコト。

保育園に通っている年長さんの娘は保育園でトップ2の一輪車名人♪

1年前は座ることもままならなかったのに、本当によくがんばったなぁ~と思います。

 

そんな彼女の役に少しは立ったかなぁ~と思うコトを考えてみました。

 

◆自信をつける。

ワタシの弱点が『自己肯定感』のなさ。苦笑

これだけはなんとしても娘に持っていてほしくて。

 

『できないと思っていたらできないよ~。』

『アナタはそのままでいいんだよ。そのままですごいんだよ。』

 

たくさんの育児書を読みながら、悩みに悩んで出したワタシの答え。

この二つのコトバはよく言うようにしています。特に2番目のコトバは毎晩寝る前に呪文のように唱えている。娘は、コクリとうなずきながら眠りについていきます。笑

 

「できる!!!と思って進むとできるんだよ!」

と最近興奮しながら教えてくれた娘ちゃん。がんばり過ぎず、前向きに育ってくれたらな~と願うハハ。

 

◆環境を整える。

一輪車に乗りたくてたまらなかった娘ちゃん。

ばあばが誕生日に買ってくれました。

 

・娘は一輪車に乗れるようになりたい。

・ワタシは外で付き合ってあげる時間が割けない。

問題はいかにこの二つの折り合いをつけるか。

 

ワタシの結論は、

『だったら家の中で乗ればいいじゃん!』

というもの。笑

 

そのためにワタシがしたコト。

・一輪車仕様に家具の配置替え

・靴の雑巾がけ

 

一輪車に乗って自分を支えられるように家具の配置替えをして、

30mくらいの通路を作りました。笑

途中、2漕ぎで届く距離に家具を離してみたり。

安定してきたら通路の幅を広げてみたり。

 

あとは、履くための靴を探してきて、靴底をさっと拭きました。笑

 

そんなこんなで、

家事をしながら娘の一輪車も見てあげられて本当によかったなぁ~と思ってる最近です。