子どものためにできること。

~地球と子どもの未来についてカンガエル~

ジブンを守ってくれない会社とジブンにしか守れない子どもと。

f:id:mamanojitan:20180115233848j:plain

わたしは、

「会社に勤める」ということが大好きで。

今まで3社勤めているけれど、

どこの会社で働くのも楽しかった。

なんとなくやっているとデキたし、評価された。

向いてるんだと思う。

 

反対に

「家に入る」ということになると

「専業主婦になるぞ!」と寿退社した1か月後に

『もう専業主婦はできない』とダンナに泣きついたし、

子どもが1歳半になる頃には育児ノイローゼになったし、

あんまり向いてないんだと思う。

 

 

ただ、

会社に尽くし過ぎて体調を壊したこともある。

そのとき

会社はわたしが壊れても守ってくれないんだと知った。

わたしがどれだけ疲れて子どもに当たろうが、

会社の知ったことじゃない。

 

同時に

保育園の先生は

とっても優しい。

娘たちも先生のことが大好き。

だけど、

やっぱり「仕事」。

わたしの娘だけに愛情があるわけではない。

 

当たり前なんだけど

娘を「我が子のように」愛せるのはわたしだけなんだなぁ、

と思った。

そんな事を思っていたら正社員からパートになろうと決意していた。

キャリアも捨てることになるし

主婦業なんて向いてない。

収入だってたくさんあるわけじゃない。

だけど、

娘たちを大切にしてあげるには、

わたしには今の働き方じゃあムリなんだなぁ。