子どものためにできること。

~地球と子どもの未来についてカンガエル~

ゼロ・ウェイストをデフォルトに!

こんにちは!

そらまめ子です。

 

フランスのマルシェは、プラスチック梱包などされていなくて、野菜を買うと、持ってきたマイバッグに入れる形でした。

日本の包装の完璧なこと!

人参、じゃがいも、なんでも包装されていますよね。

でも、これって、スーパーだけなのかな。

八百屋さんが復活したらいいのかな。

ぜひ、ベルリンを見習いたい。

 

www.tabinotebook.com

レンタサイクルでエコに便利に!

こんにちは!

そらまめ子です。

 

最近、我が家の近くにこれが導入されました。

www.hellocycling.jp

 

 レンタサイクルです。

15分60円。

降りる場所にステーションがあれば、乗り捨て可。

一度登録してしまえば、その場での支払いは不要。

天気が悪くなければ、けっこう便利です。

 

でも、

なんですべて電動なのかなぁ~

エコ観点が乏しい気も。

 

 

こちら、本場(?)フランスのレンタサイクル「velib'」の記事がありましたので、ご紹介します。

framile.com

 

フランスでは、月額利用料でランクがあったり、1Dayパスがあったりするのね~。

日本もどんどん普及させて車利用が減るといいなぁ。

ペットボトルよりも水道水を選んだ方がいいワケ。

こんにちは!

そらまめ子です。

今日は、『水』について♪

 

これ↓、ご存知でした?

「ペットボトル入りのミネラルウォーターを飲むと、水道水をマイボトルに入れて飲む場合と比べて、国産でも約30倍近く、輸入のものであれば約50倍の二酸化炭素を排出することに」

ペットボトルではなく、水道水を選ぶだけでCO2削減!

(「水Do!」 facebookより)

 

日本人は、コンビニ普及のおかげもあって「のどが乾いたら、ペットボトル!」という習慣がついていますよね。

でも、

それ、環境に悪いんです!

とっても!

 

たとえば、

「富士山天然水」というミネラルウォーターを買うと、水道水の30倍も環境負荷が大きい。

「ヴォルビック ウォーター」だと50倍も負荷がかかる。

 

水道水<国産水<輸入水

ということですね。

 

「でもー、水道水まずいじゃん!」

という方、いらっしゃると思います。日本の水は海外に比べたら美味しいもののやっぱりミネラルウォーターのほうが美味しい。

 

そんな方にわたしがおススメしたいのは、こちら。

purifier.takagi.co.jp

 

今のマンションについているのですが、蛇口と一体型の浄水器。カートリッジは3か月毎に交換が必要。3000円くらい。

水の味はやっぱり違って、水道水に比べると断然美味しい。ミネラルウォーターと比べると違いがわたしにはわからない。

 

つまり、

味でいうと

水道水<一体型浄水器=ミネラルウォーター

という感じ。

 

特に、タカギの回し者でも、アフィリエイトサイトでもありません。笑

ただ、たぶんここが今の日本人の損益分岐点てきな妥協点かと思います。

 

タカギの浄水をマイペットボトルに入れて出掛けて、

外出先では、水Do!の水で補充して。

そんなライフスタイルに変わったら、日本の環境負荷が目に見えて改善すると思います。見えないコトだから、スルーしがちだけども、みんなができる少しのコト。できたら、ライフスタイルに取り組んでいってほしいな、と思います。

 

greenz.jp

目指すは、ゼロウェイスト。

こんにちは!

そらまめ子です。

 

『ゼロ・ウェイスト』、

FBでブックマークしてるけど、

耳にしたことはあるけど、

本に目を通したことはあるけど、

 

なんとなくしっくりこなかったコトバ。

今、正にぴったり。

タイミングが合った、ということかな。

 

これが、わたしの目指すべき道しるべ。

できれば、日本のママたちと共有・共感したいな~

www.anonima-studio.com

捨てないパン屋ってなに?なに?!!!

こんにちは!

そらまめ子です。

 

先日、パン屋の過剰包装について書いたのですが、その延長線上でこんなブログを見つけました。

derien.jp

 

正直、意味不明。笑

 

捨てないパン屋って?!

パン屋が捨てないって???

廃棄がないということ????

 

 

そうなんです。

 

このパン屋さん、廃棄を出さないそうです。

「イイモノ」を必要なだけ作って、残さない。

これ、本当に理想的。

それを実現しているパン屋さん。

 

なんだろう、

心打たれるものがあった。

環境問題を認識して、

自分の中に取り込んで、

そして、

カタチにしている。

 

パン屋さんの名前は『ドリアン』。

田村陽至さんについて素敵に書かれていた記事があるのでご興味ある方は。

やばい、広島に行かなくては。

www.1242.com

 

なにかしなくちゃ!と思いつつも

なにもできずにいる自分にとっては本当に響くパン屋さん。

すごくかっこいいと思う。

こういうパン屋さんが支持されるといい。

わたしも安いモノじゃなくて、本当に「いいモノ」を消費していくようにしないとなー。

と、改めて実感。

 

本当に「いいモノ」、無農薬とか手作りとか。

以前、大地を守る会という食材宅配をやっていたんだけど、

無農薬野菜に特化していて、

それはそれは美味しかった。

人参をただ炒めるだけで、大地の恵みを頂いているような、そんな気持ちになった。

きっとそういうことなんだろうな。

現代社会では本当の大地の恵みを食べてないから、

大地や地球、環境に対しても思いを馳せることがないんだろうな。

 

ということは、

本当に「いいモノ」を支持し、

支持してもらえるような社会にしていけばいいのかな。

 

捨てないパン屋さん、がんばってね。

derien.jp